最新記事一覧

始める前が最も肝心

マンション

適した計画が示す成功の道

何事も成功するためには、適した計画を立てることが必須。マンション投資で成功するためにも、事前に資金計画をしっかりと立てなければなりません。杜撰な資金計画を立ててしまうと、借入金の返済すらままならなくなります。絶対にマンション投資で失敗しないために、入居率と修繕費を考慮した資金計画を立てましょう。マンション投資で失敗する方に共通しているのが、100%の入居率を想定することです。100%の入居率は理想ではありますが、現実的ではありません。どんなに高くとも97%、できれば95%の入居率を想定します。よりリスクを抑えたい方は、90%の入居率でも構いません。また、築年数が古くなることによる、入居率低下も想定する必要があります。1年毎に1%入居率が低下していく資金計画を立てることで、余裕を持ったマンション投資を行えます。十分な修繕費を見込んでおくことも、マンション投資で失敗しないために重要です。5年毎に200万円の修繕費を計上することで、入居者ニーズを満たす物件を維持できます。家賃収入から一定金額を修繕積立金として保管し、必要になった時にリフォームやリノベーションを行いましょう。修繕積立金は短期の定期預金を活用することで、休眠資産になりません。また、個人向け国債3年を購入することでも、修繕積立金を上手に活用できます。ご自身だけで資金計画を立てる自信がない場合には、ファイナンシャルプランナーに相談するといいでしょう。マンション投資だけではなく家計全体を見渡し、失敗を最大限に抑える資金計画を立ててくれます。